artists: a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

水森かおり – 荒川線 şarkı sözleri

豆腐屋の ラッパの音が
おかえりの合図でした
買い物帰りの 母にかけより
歩いた小路(こみち) 夕焼けトンボ
三ノ輪橋から早稲田へ
今も同じ風の匂い
まぶた閉じれば若い日の
母が 母が浮かびます

遮断機が 上がって下りて
一両の電車が行く
言葉が途切れて 伝えきれずに
うつむくだけの 初恋でした
面影橋で別れた
彼がくれた旅のハガキ
捨てることなどできなくて
ずっと ずっと宝物

歳月(さいげつ)は 流れるけれど
変わらないものもあるの
軒先かすめて コトンコトンと
昭和の時間(とき)を ゆるりと運ぶ
荒川線に乗るたび
胸にほっとともる灯り
巡る季節もなつかしい
心 心かよう町

巡る季節もなつかしい
心 心かよう町

# %e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a şarkı sözleri